お代わり注文でリベンジを誓う探検隊!

3 分間ではほとんどアカの他人のままで終了してしまったので、 せめて記憶に残してもらうためにも、ドリンクを注文して再度チャレンジ!

  • 角田隊員は京香ちゃんにチェンジ! 「ちょっと、俺の顔、見切れてない?」

  • 豊本隊員は夏海ちゃんをセレクト。 「ちょっと、俺の顔、ブレてない?」

  • 飯塚隊員ははる夏ちゃんを再指名。 「俺なんかほとんど写ってね~し……」

ドリンクはカウンターの横にあるサーバーから 女の子が注いでくれます。

というわけで、リベンジスタート。

今度は先程と違い、全員が一緒にスタートしているので 同時進行の撮影。

わいわい。

がやがや。

ざわざわ。 ピピピピ…

ありがとうございました……。

立ってからも、なかなか席から離れようとしない角田隊員…。

最後まで粘るものの、 夏海ちゃんの笑顔でバイバイ攻撃に屈する豊本隊員。

とりあえずイートコーナーへ移り、 反省会というか感想を聞いてみました。

  • 「これは厳しいな~。3 分間をいくら積み重ねても親しくなるにはハードルが高い…」

  • 「LINE 交換できなかったじゃね~か! でも時間制限があると、ゲームを攻略するみたいで、別の意味で楽しいかも?」

  • 「飲食店としては高い気がするけど、よくよく考えてみれば、"握手会" に比べたら、遥かにいいかも? 。」

なんて話をしていると、すでに次のお客がカウンターへ。

それを羨ましそうに眺める豊本隊員……。

【検証】 アイドルの卵とはいえ、 そうそう簡単には仲良くなれない!

というわけで男たちの3分間の死闘は終了した… 壮絶な戦いの末に惨敗を喫した探検隊メンバー。
そう、「ヌードルカフェ」は単なる飲食店として考えてはいけないのだ。 ここは、未来のアイドルと二人っきりの時間を過ごせるという、"夢の世界"。 何千円もするグッズを購入して参加する "握手会" では、 おしゃべりというよりも、一言二言の挨拶するのが関の山。 時間にしておよそ15秒というところ。 それと比べると "3分間" という数字は、とても大きな意義がある。
だたし、やはり3~6分という時間では、 会話が弾む手前で終了してしまうもの。 売れっ子芸人のトーク力をもってしても、その壁は突破できなかった… 親しみをもってもらえるようになるには、 どうしても回数を重ねるしかなさそうである。
最後に今後、この戦地へ赴く戦士たちに 生存率を高めるためのアドバイスを授けておこう。 ズバリ、女の子たちが好印象を持ちやすいタイプを聞いておいたぞ!

  • 「私自身があまりおしゃべりな性格ではないので、会話をリードしてくれる人。それか他愛もないことでも笑ってくれる人は、会話しやすいからうれしいかな。」

  • 「私達との会話を楽しむだけでなく、お客さん同士で仲良くしてくれる人には "大人の男"の余裕を感じますね。そういう人って、やっぱり好印象です。」

  • 「やっぱり、たくさん話してくれる人だと楽しいですね。3分間って、黙ったままだと長く感じますけど、会話をしているとあっという間。『まだ話していたいな~』って思わせてくれる人は、やっぱり印象に残ります」

みなさん、お待ちしております!

次回もお楽しみ

探検エリア

NOODOL CAFE(noodoleとidolのカフェ)

大手芸能プロダクション『プラチナム』が手がけるカフェで、働くキャストは、全員がタレント、女優、アイドルの卵です。カフェでファンを沢山作ったアイドル達がライブや舞台、タレントとして様々な展開ができるよう皆さん応援してあげよう! お店に出勤している女の子の確認は、公式 HP ないし Twitterから。

東京都千代田区外神田 3-7-15 第 6 イサミヤビル 3F
営業時間:平日 16:00 ~21:00 / 土日祝日 12:00 ~ 19:00 不定休 http://noodol-cafe.com/index.html
上へ戻る