ほっとWebHOME > 東京03探検隊 > BAN×KARA ZONE-GZ

選曲の大切さを身をもって知るのは誰?

次に登場は豊本隊員。一瞬静まり返った店内で、全員の注目を浴びることに。 ステージに上るって、こういうことでもあるんですね…。すごい緊張しそう。

選曲はユニコーンの「すばらしい日々」。 奥田民生さんの声と豊本隊員の声質は、意外と似ていることが判明。

バンドだからこそできる、フィニッシュジャンプ! どんな曲でもバンドが合わせてくれるので、誰でもトライ可能です。

  • 「なんだよ~すげ~楽しそうじゃん! 俺もはやく歌いたくなってきた。」

というわけで、飯塚隊員が登場。 彼は一体何を歌うのか!

飯塚隊員のセレクトはまさかの back numberの「高嶺の花子さん」。 おっさんのクセに、女の子のリクエストに応えられるよう、 イマドキの曲もしっかりチェックしているあたり "流石" の一言です。

  • 「いよ!サトシ最高~。 」

そして三度登場の角田隊員が、 満を持しての持ち歌「若者たちへ」を披露!
お笑い番組をよく観ている人なら、 聞いたことがあるかもしれないものの、 明らかに今回の観客は誰一人として知らない雰囲気が満々です。
フォークロックな曲調で、 長渕剛の影響を色濃く受けていることは間違いないのですが、 これまた観客の世代には馴染みが薄いジャンルです…。
隠し持っていたブルースハープも披露し、悦に入る角田隊員は 熱唱のあまり周りが見えていない模様…

「いや~。気持ちよかった~。どう?俺の曲?」

  • 「え、ええ。すごく良かったです(棒読み)。」

  • 「すごい熱量で、心が込もっている感じですね。」

  • 「(勢いと迫力はありましたね。) 何いってんだがわからないし、ちょっとうるさいなぁ~。」

マユリさん。本音と建前がヒックリ返ってますよ! 心の声が出ちゃってますって。


みんなのコメントから察せるように、 店内の空気が微妙な感じになってしまったところ… 眼鏡のナイスガイ・ケイスケさんが動き出す。

微妙な空気に包まれた状況を打開するべく、ケイスケさんが選んだ曲は、
星野源さんの「恋」。 きました。これこそ、今の鉄板ソングです!


て~れれれれれ♪ て~れれれれれ♪ て~れ~れ~れ~れ~♪

空前絶後の大フィーバーを果たした 恋ダンスが炸裂!

バンドも観客も全員がノリノリで、 まさに会場が一体化したかのような盛り上がり。 これぞ正しい選曲ですね!

いくら生バンドが気持ちいいからといって、 独りよがりの選曲はダメってことがわかりました…。

【検証】 生バンドのステージに立てば、 誰もがプロっぽくなれる! だたし盛り上がるかは選曲次第…

というわけで、BAN×KARA さんのステージ上では、 誰もがプロのミュージシャンのように振る舞えることが判明。 特にスポットライトをはじめとする照明や、 スタッフさんによりスモークの演出が加わると、 さらにステージはヒートアップすること請け合いです!
ただし、カラオケとはいえ、店内には他のお客もいるため、 そのとき店内にいる観客の性別や年齢によって 選曲をするほうが無難でしょう。 今回の角田隊員のように、誰も知らない曲を熱唱しても、 なかなか素直には盛り上がりづらいし…
兎にも角にも、これは歌うことが好きな人であれば 誰もが楽しめるオススメスポットです!

お待ちしてま~す!

探検エリア

BAN×KARA ZONE-GZ

生バンドの演奏でカラオケが歌える新しい感覚の大人の遊び場。みんなで盛り上がる定番曲はもちろん、自分だけの十八番も DAM カラオケで選んでリモコン入力するだけで生演奏をバックにアーティスト気分を存分に味わえます。楽器が演奏できる人はバンドとセッションして楽しんだりできるぞ!

東京都中央区銀座 8 丁目 2-9 ニューギンザビル 12 号館 9F
03-6264-5048
営業時間:平日 19:00 ~28:00(最終入店 27:00)/ 日曜・祝日 19:00 ~24:00
年中無休、祝日前は通常営業
http://bankara.biz/