ほっとWebHOME > 東京03探検隊 > レストラン ザクロ
  • File25
  • レストラン ザクロ

21世紀の東京に実在する"秘境"
人気お笑いトリオ「東京03」が知られざる名所を切り開く!

  • "知る人ぞ知るお店"や"マニアックな施設"など、東京にはまだまだ知られざるディープなスポットが存在します。 そんな都内の"未開の地"にまつわる噂を、人気お笑いトリオ「東京03」が探検隊として実際に行って検証する人気連載!
  • 東京03
谷中銀座で、一際怪しい雰囲気の佇まい!
【検証】 "日本一ウザい" と言われるレストランは
どのくらいウザいのか?
これまで探検隊が訪れた東京の "秘境" ともいうべきスポットには 数多の個性的な店主が登場してきた。 しかし、そんな店主たちでさえもくすんでしまうような、 圧倒的な個性を持つ店主がいるという。
そんな噂を検証するために、探検隊一同は 日暮里の駅へと降り立った…。




というわけでお邪魔したのは 夕焼けだんだんで有名な谷中銀座商店街の入口にある 西アジア料理のお店「ザクロ」さん。



「ようこそ。オーナーのアリです。
いまオープンしたばかりだから、好きなとこ座ってください。
でもホントは邪魔だから端っこいけ~。」





お店に入って最初に目に飛び込んでくるのは 天井を埋め尽くしたトルコランプたち。 よく見ると値札がついています。







さらに謎のお土産コーナー…。 ここはイラン・トルコ・ウズベキスタンの 料理を提供するレストランなのです。



「とりあえず、そのままじゃなんだから、雰囲気出す衣装着て~。」





着席する間もなく、 おもむろに中東風の衣装を着させられる豊本隊員。 雰囲気からして王族っぽい感じ。







さらに従者の衣装を着させられる 編集部新人のアヤッペ。







レストランなのに、注文する前に記念撮影をパチリ(笑)。 アラブの王様と、その従者をイメージしているそう。



「いろいろツッコミたいんだけど、
とりあえず、俺の扱いを無視しないでよ!」

「うるさい客ね~。
あんたはあの子の衣装借りて着ればいいでしょ~。」

「入店したときから思ったけど、異常に口が悪いな(笑)。
これが今回のテーマなのね。」





改めて撮影したのがコチラ。 角田隊員の従者の小物感が半端ない。



「なんかまだ普通の格好しているのがいるね。」





指さされた人物は、 なんとロケバスのドライバーさん(笑)。







明らかに他の人に比べて、豪華な雰囲気でパチリ。



「ちょっと待って、探検隊正規隊員の俺より、
偉そうな衣装じゃないのよ!」

「まぁまぁ、彼だって毎回ロケに同行してくれている担当ドライバーさんなんだから、探検隊の一員といっても過言ではないでしょう。」

「彼の衣装は近衛兵ね。体大きいから、たぶん強いね。」





席につくと、 まずはサービスで出てくるホットティーを持ってきてくれたアリさん。
「熱いから早く受け取れ~。」



ちなみに、このお店はアラカルトで注文するよりも コースで注文した方が圧倒的に安いため、 ほぼ全員がコースを選ぶらしい。 もちろん、探検隊も 2000 円(食べきれないコース)を選択。




「アチチ! ホットドリンクなのに、なんでアイスのグラスなんだよ!」
ちなみに、持っているのは紅茶ときな粉&胡麻のホットティー?







そんで最初に出てきたフードがコレ。



「最初とはいえ、単なるドライフルーツじゃないのよ。」

「つべこべ言わず、従者は王様にちゃんと給仕するよ~。」





「王様。チュロスでございます。」
「うむ。苦しゅうない。」







ドライフルーツ、チュロスに続いて出てきたのが、 カンボジア土産のピーナッツ。 もはやトルコと関係ないし…。







仕方ね~から昼間から飲んじまうか。 という気分の角田隊員。 「ったく。飯塚は居ねーしよー。」



そうなのです。 ココまで読んで、何か違和感を感じた貴方、正解です。 この時点で飯塚隊員の出番がまったくないのです。