ほっとWebHOME > 東京03探検隊 > ポリスミュージアム(警察博物館)
警察官になりきって、犯人を捕まえろ!


この博物館の目玉ともいえるのが、この体験学習コーナー。



「ここでは、事故の原因や事件の犯人を探し当てる問題を解くことで、捜査活動などを疑似体験していただけます!」

「面白そうですね。早速やってみましょう!」

「見事、事件を解決してみせます!」





最初に挑むのはタイヤ痕から、
犯人の車を割り出すというもの。


「なるほど、地面にある痕と、候補になっているタイヤの切れ端から一致するものを選び、 このセンサーの上に乗っければいいわけね。」





なんて説明を聞いている間に、
あっさり豊本隊員が正解に…。



「ええ〜! 空気読もうよ豊本〜。」

「よし! 事件は早期解決である方が、いいにこしたことはない!」

「大丈夫、俺はわかっているぞ。
豊本は今回、出番少ないから、ちょっとがんばって前に出てみたんだよな。そういう気持ち、痛いほどわかるぞ〜。」

「そういう言い方されると、もうやりづらいよ…。
俺の今回の出番はコレで終わりなのか?」





次にチャレンジしたのは似顔絵捜査官の疑似体験。
アナウンスに沿って、それぞれのパーツを選んでいきます。



「女の子の顔を見ると、
ついつい好みのパーツを配置したくなるな〜。」

「うん。気持ちはわかるけど、
それだと絶対犯人に行き着かないだろうな…。」





雑念が混じったせいか、微妙に違う似顔絵が完成してしまった飯塚隊員。





気を取り直して、今度は自転車運転シミュレーションに挑戦です。







本物の信号機も展示されていて、
なかなかリアルな雰囲気の中で体験ができます。





言葉では伝わりにくいので、ここは動画を御覧ください。





最後は、空き巣に狙われやすい家の特徴を学びます。





いろいろな防犯ポイントを書いたカードがあるので、
その中から特に大切だと思うものを4つ選び…





センサーにかざしてみましょう!





最終的に隊員たちが選んだカードはこの4つ!
果たして合計得点は?





150点満点中
115点!

「げげ!非常に微妙な得点!」

「芸人として最もやってはいけないことをしてしもうた〜。」

「いえいえ、それほど悪くない点数です。ここにあるカードはどれも防犯上大切なポイントが書かれていますが、特にこのカードは是非、覚えておいていただきたいです!」



というわけで、お教えいただいたのがコチラ。
空き巣が最も好む侵入経路は、窓なのだそう。


.
.
.
.
.
.




ポリスミュージアムでの激闘を終え、その充実感から、
どこかヒーロー気分を味わっている探検隊一同の図。





【結果】
苦手に感じていた警察官にも、
親近感と尊敬の念を抱くようになる!
というわけで、今回お邪魔したポリスミュージアムは、
まさに大人から子どもまで楽しみながら
警察の仕事や安全な暮らしについて学べるスポットでした。

日本の警察の歴史や仕組み、具体的な業務内容などといった
資料も豊富なので、大人でも勉強になることが盛りだくさん。
さらに、記事内で紹介した体験コーナー以外にも、
体験できる展示がまだまだあります。

近年急増している、外国人観光客に向けた
英語表記での説明も充実しているので、取材当日も
海外の方が大勢いらしていました。

訪れた子どもたちのなかには、これをきっかけに
将来は警察官になる子もいるに違いありません!
それほど、ストレートに楽しい体験ができるポリスミュージアムに
みなさんも一度は訪れてみてください!




ご協力ありがとうございました!






探索エリア
  • ポリスミュージアム(ポリスミュージアム)
  • 日本の警察の始まりから現代までの歴史的資料を展示し、現在の警察の活動を紹介しています。ただ見るだけでなく、警察官になりきって体験できるというスポット。大人から子どもまで、幅広く楽しめる博物館です。英語表記も充実しているので、外国人観光客からの人気も高いよう。一度は訪れてみる価値ありです!

    東京都中央区京橋3-5-1
    TEL 03-3581-4321
    9:30〜17:00 月曜日休館(祝日の場合は翌日)
    博物館の情報