• 次頁
  • 前頁
スマ用表紙

東京…そう、言わずと知れた日本の「首都」。
経済・政治・文化の中心地として、様々なドラマを今日も紡ぎ続けています。
そんな東京のセントラルゾーン、23区の物語を作家、山内マリコさんが書き下ろします。
各区で語られるのは時代模様か、街のざわめきか?
それとも…
独自の視点で語られる23区の姿をウェブ短編小説でお愉しみください。

新刊のお知らせ

『東京23話』ポプラ社
2017年10月発売
生真面目な千代田区が思い出すビートルズが皇居を歩いた日のこと、洒落者の港区が語る魅力的な若者たち、文学を愛する杉並区が明かすある女性との出会い…23区23様のドラマチックなストーリーが踊りだす。今すぐ東京を歩きたくなる、ユーモアと機知に溢れた傑作小説集。
お買い求めはこちらから >

PROFILE

山内 マリコ

1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。
2008年「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞し、2012年『ここは退屈迎えに来て』(2018年秋に全国公開予定)でデビュー。
主な著書に『アズミ・ハルコは行方不明』(2016年映画化) 『さみしくなったら名前を呼んで』『パリ行ったことないの』『かわいい結婚』『東京23話』 『買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて』『あのこは貴族』『皿洗いするの、どっち? 目指せ!家庭内男女平等』 『メガネと放蕩娘』など。
最新刊『選んだ孤独はよい孤独』が5月に刊行される。
(2018年4月現在)

【連載】
・北日本新聞のフリーマガジン『02』にて食エッセイ「とやまのブリ釣り」
・『美人百花』にて映画レビュー担当
・東京交通局フリーマガジン『ふれあいの窓』でお散歩エッセイ「スーベニールを探して」
・ファッション誌『JJ』にてエッセイ「Think about Features 25歳のレディたちへ」
・クロワッサンにて映画コラム『銀幕女優レトロスペクティブ』
・毎日新聞水曜夕刊コラム欄『ナビゲート』(5週に1回)

♦Twitter
https://twitter.com/maricofff

♦公式HP
http://yamauchimariko.tumblr.com/

♦名画座通いの日々を綴ったブログ 【マリコフの世界】
http://theworldofmaricofff.tumblr.com/