東京どんぶらこweb版 ヘッター
  • 江戸川区 船堀 (えどがわく・ふなぼり)

    東京どんぶらこweb版 あし
  • 地下鉄都営新宿線の船堀駅
    東京メトロ東西線の西葛西駅
スクロール
東京どんぶらこweb版 マップ

イラストマップ: 岸潤一

  • 東京どんぶらこweb版 今昔記
  •  室町時代に日本に伝わった金魚が庶民の間に広まったのは、江戸時代半ば以降だ。江戸市中での養殖も盛んになり、着流しの女性が金魚すくいをする浮世絵も描かれている。

     需要が増えた明治期には養殖拠点が郊外に向かい、関東大震災後、広い土地と豊富な水があった江戸川区に多くの業者が移ってきた。

     大戦中の餌不足や金魚池の農地転用による危機も克服し、戦後は船堀駅周辺を中心に、奈良県大和郡山市、愛知県弥富市と並ぶ金魚の産地ができた。

     都市化の波が押し寄せた今では区内に二業者が残るのみだが、船堀駅舎壁面の巨大な金魚のモザイクアートが「金魚のふるさと」の矜持(きょうじ)を示す。二十、二十一両日には四十八回目の金魚まつりが行船(ぎょうせん)公園で開かれ、金魚応援キャラクター「えど金ちゃん」が涼を求めて訪れる人々を和ませる。(仁)

2019年7月6日(土曜日)掲載分

東京新聞紙面での今後の掲載は以下の予定です。

  • 北斎通り(墨田区)
  • 矢口渡(大田区)
  • 豊洲(江東区)
  • 中目黒(目黒区)

朝刊紙面では、毎週土曜日の最終面で連載中!

いち早く紙面で全文を
読みたい方に!
東京どんぶらこweb版 Bottom

魅力的な街がまだまだ盛りだくさん。バックナンバーはこちらから。 ご覧になりたい地域をクリックしてください。

上へ戻る