• vol.05
  • ホワイトローズ株式会社

女優・宮﨑香蓮が
東京を拠点とした老舗をご紹介!
女優・宮﨑香蓮が、インタビューから原稿まで全て自身でこなし、受け継がれている歴史や今もなお愛され続けている秘訣に迫ります。宮﨑香蓮の新境地を切り開いた新連載。
香蓮お姉ちゃん。
今回は「宮内庁御用の透明ビニール傘」で有名な、
ホワイトローズさんにお邪魔するわよ。
宮内庁御用!
なんて高貴な響きなんでしょう。でも、透明ビニール傘なら駅の売店やコンビニでも置いてあるのにね?
それを探るのが、今回の目的よ!
今ではどこでも手に入る透明ビニール傘だけど、ホワイトローズさんが選ばれるには理由があるはずなの。
わかりました!
それじゃあ、その秘密を暴きに行きましょう!
銀座木村家さんへHere we go!

“透明ビニール傘”の誕生秘話を紐解く!

 高級ビニール傘が誕生するまで。そこには紆余曲折なサクセスストーリーがありました。
 お話は江戸時代までさかのぼります。
 武田家の落ち武者であった一族は、戦国時代のほとぼりが冷めたころを見計らって、江戸へ舞い戻ります。そして初代武田長五郎氏が刻みたばこの卸業を始めたのが、江戸時代中期の享保6年の頃。
 刻みたばこは湿気に弱い!そのため乾燥状態を保つために油紙で包んで保管していたそう。この油紙!ポイントです!この油紙を使って「雨合羽」を作ったところ、折りたためんで持ち運べることから人気を博し、なんと参勤交代のお武家様に重宝されることに。
 これがきっかけで雨具屋さんになったのだそうです。“刻みたばこ”から“雨具”、つながりましたね~!
 時は流れ明治時代。維新で舶来ものが溢れる日本。洋傘もこの時代に輸入されるようになりました。もちろん、日本でも洋傘の生産が始まります。しかし当時の傘は綿で出来ており、雨に濡れると、色落ちし苦情も耐えなかったそうです。
 そこで色落ち対策として、テーブルクロスに使われていた当時最新素材である「ビニール」を利用した「傘カバー」を開発。綿製の傘に被せて使用するものですが、これが大ヒット商品となります。
 ところが、合成繊維ナイロンの登場により、昭和26年から28年というわずか2年間で販売は終了に。
 しかし「ビニール」の完全防水性に着目したホワイトローズさんは、骨組みに直接ビニールを貼ることを思いつきます!時は昭和33年、ついに世界初の「ビニール傘」誕生です!
  • ビニール傘の前身である「傘カバー」。綿製の傘を濡らさないための二重構造で、元の傘の絵柄や模様が透けて見えるのがポイントです。

  • 第一号ビニール傘は乳白色の「ホワイトシリーズ」。社名の由来も、ココからなのだそう。傘の骨組みを板バネにすることで耐久性にも配慮。

世界的ヒット商品へと成長を遂げたものの
立ちはだかる関税と人件費の問題。

 満を持してのビニール傘でしたが、「布製こそが傘」だった時代にビニール傘は問屋や百貨店に認めてもらえず、販路すら確保できない状態が続きます。
 事態が好転するのは東京オリンピック。視察に来ていた米国のバイヤーの目にとまり、最初に発売されたのが、なんとN.Y.。しかも発売するや否や、空前絶後の大流行だったそう。
 しかし傘が売れることがわかると、人件費や、関税のかからない台湾の工場に取って代わられてしまいます…。
 さあさあ気を取り直して、再び舞台は日本へ。「完全防水の究極の傘」の納入の話が大手百貨店から舞い込みます!
 しかし直前で頓挫するというハプニング…!もはや呪われているのでは?と思うほどハプニングの連続です。
 では、ホワイトローズさんは、この大量の在庫をどうしたのでしょうか?
 正解は「銀座界隈の路面店に営業をかけ、委託販売してもらう!」です。
 これが功を奏して、テレビにも取り上げられるほど話題となりました!
 さらに追い風になっていたのは当時の「ニューファッション」の流行です。日本人のデザイナーが台頭し、「新しさ」が求められていた時代に、新素材のビニール傘はまさにぴったり! プリント技術なども研究し、ファッション雑貨としての席が用意されたのです。
 やったー!ようやく華々しい時代の到来です!国内で参戦してくるメーカーが後を絶たず、パテント問題をクリアするため組合も発足されました!
 ファッション性のみならず、ビニール傘の利便性も全国から認識されはじめ、駅の売店などでは「雨が降ればかならず売れる」鉄板商品となりました。
 傘業界始まって以来の大ヒット商品へと上り詰めたのです!
 ところがまたも海外勢の参入で低価格化に拍車がかかり、国内メーカは撃沈。この記事の中で、何度「しかし」「ところが」が登場したことでしょう…。
 それでもホワイトローズさんはビニール傘の元祖という自負から、低価格化の波には乗らず、1本2本と、オーダーメイド傘制作の依頼を受けていました。
 そんな中で改めて分析すると依頼主が欲しがっているのは共通して「透明で丈夫な傘」。そこからシチュエーションに合わせた傘の開発が始まりました! 原点に帰り「雨から身を守る」そして国内で作ることを前提とした高品質ラインの誕生です! その品質の高さは、「宮内庁御用」の冠が示すとおりで、言わずもがな。
  • N.Y.で人気を博した「バードゲージ」。寒く、風が強い時にも、この中なら寒さもしのげ、視界も妨げないということでこの形を採用したそう。

  • 「ニューファッション」時代の傘。この傘なんとミニスカート用で極端に短いです。何でもミニが流行っていたんですって…お洒落は我慢!

飽くなきチャレンジ精神で、
常に進化し続ける“透明ビニール傘”

 私の、ビニール傘といえば「寿命短しすぐに買い替え…」の概念が今回、覆されました!ホワイトローズさんの傘は安全性と機能性そして丈夫さを追い求めて作られています。
 骨とカバーと持ち手のバランスが考えられた傘。代表的な機能である「逆支弁機構」は、傘に表からは目立たない穴を開ける、という斬新なアイデアで、この穴が内部に巻き込む風を逃がし、手首にかかる負担を軽減するというもの。
 このような新しいアイデアは、顧客の声から生まれてくるそうです。3人が入れるほど大きな傘や、杖が仕込まれている傘など、一人のお客さまの要望から生まれたモノもたくさんあります。
 それを、想定していない人が愛用してくれることで広がっていくこともしばしば。例えば外で住職が読経するために開発されたビッグ傘「テラ・ボゼン」は、なんとメジャーリーガーのイチロー選手も愛用されているそう。大切な試合用具を濡らさないようにと選ばれたようです。まさに意外な広がりですよね。
 「テラ・ボゼン」でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ホワイトローズさんの傘にはそれぞれ固有の商品名がつけられています。
 これはネット検索でヒットしやすくするための秘策なのだそう。社員の皆さんで相談して決められているんですって。
 現在、目下進行中のプロジェクトは二つ。一つは先日完成されたばかりという、折りたたみビニール傘。新しい!
 こちらはクラウドファンディングによって資金を調達し、開発されたそうです。まさに時代の最先端のサービスを活用した開発方法!
 そしてもうひとつがビニールでありながらUVカットの傘!こちらはお客さまの熱烈な声によって、開発に着手したとのこと。
 このように、今でも社長自ら百貨店の売り場に立ったり、お客様からの声に耳をかたむけ続けています。常に時代のニーズを取り入れてきた、飽くなき探究心こそが、永く愛される秘訣のようです。
  • 社訓の「新製品はピラミッドの頂点から」。本当に欲しがっている人が頂点で、その人がびっくりするような製品を作ることを表しています。

  • 店舗では特徴を含め自分で体感しながら購入することができます。私もたくさんの傘を説明していただきながら、開いたり閉じたり!

  • ビッグサイズ傘「テラ・ボゼン」!3人が入ってもこの余裕!これだと確かに、荷物だけがびしょ濡れなんて心配もなし!

  • クラウドファンディングによって開発された折りたたみ傘。2段式の折りたたみ傘は、下の部分を持ってたたむ!みなさん知ってました?

普通の傘じゃ物足りないアナタに

ホワイトローズ オススメ商品!

  • 仕込み傘 信のすけ

    柄の部分に杖が仕込まれている傘。杖としては100kgまで耐えられます。ビニール部分には安全面を考慮した反射テープ付き!玄関を出てから、お帰りまで安全に守れるようにとの思いで作られています。こちらもお客様の声から生まれました。


    価格:19,440円(税込み)

  • カテールピッコロ

    こちらはアウトドア用の傘!47cmとコンパクトで、骨組には軽量で頑丈なグラスファイバーを使用。また傘カバーにはマジックテープがついており、リュックへの取り付けも簡単。コンパクトで邪魔にならないことから、車の助手席に置きっぱなしにする方も多いのだそう!


    価格:8,640円(税込み)

  • 折りたたみビニール傘 アメマチ58

    ビニールだからぐちゃぐちゃになってしまうかと思いきや、エンボスラインという折り目がついていて、とってもたたみやすい!二段階折りたたみ式に合わせ、専用の袋も、長・短の2WAY仕様!丈夫なのはもちろん、万が一壊れてしまっても、アフターフォローも万全です。流石過ぎます…。


    価格:15,120円(税込み)

取材後記

取材後記
取材後記
 「透明ビニール傘」に対する概念がひっくり返るほどの衝撃を受けた取材でした。
 しかも、グローバル・スタンダードといえるほどの大ヒット商品にも関わらず、アイデアが秀逸過ぎたが故の、国際的な価格競争を余儀なくされてしまうという逆境に対し、一度も諦めることなく信念をもって傘を作り続ける。その姿勢に感服の極みです。
 繰り返される「栄光と挫折」の歴史に触れ、それでも常に活路を見出してきたホワイトローズさんの経営理念は、お客様が満足してもらえる商品を開発するということ。
 お客様あっての企業というスタンスは、私たち「エンターテイメント」の世界にも通じる姿勢なのでは?と気づかされました。私もファンの方に満足してもらえるように、全力でお仕事がんばります!
DATA

ホワイトローズ株式会社

世界で最初に透明ビニール傘を開発した老舗傘メーカー。低価格なものに比べて、安全性、堅牢性に定評があり「宮内庁御用の傘」としても名を馳せるほど。ビニールという素材の可能性を最大限に引き出すため、今なお新たなチャレンジを続けています。
お店ではそれぞれの傘の特徴や、バランスを自分で体感することができるので、ぜひ一度足を運んでみてください。ビニール傘の概念がひっくり返ること請け合いです!
東京都台東区寿2-4-8
03-3841-9601(事務所)
平日 10:00~17:00

https://whiterose.jp/index.html
  • 宮﨑香蓮プロフィール
  • 宮﨑香蓮(みやざき かれん)

    1993 年 11 月 20 日生まれ。2006 年「第11回全日本国民的美少女コンテスト」演技部門賞を受賞し、女優として活動中。NHK 大河ドラマ『花燃ゆ』ではヒロインの幼馴染・入江すみ役として出演する など、いま活躍を期待される若手女優の代表格。
◾️2018年度NHK「おもてなしの基礎英語」ドラマパートレギュラー
◾️テレビ朝日「遺留捜査」滝沢綾子役レギュラー
◾️島ぜーんぶ映画祭第11回沖縄国際映画祭
 地域発信型 出品作品「BENTHOS」主演
上へ戻る