• 石井友恵(編集局サンデー版編集部に所属する新聞記者)
  • ハガキを楽しみに

    ハガキを楽しみに

    編集局サンデー版編集部 石井友恵

記者のつぶやき
石井友恵(編集局サンデー版編集部に所属する新聞記者)

ハガキを楽しみに

編集局サンデー版編集部 石井友恵

毎週日曜の別刷り、 といったらピンときてもらえるでしょうか?
クイズ&パズル、間違い探し、料理、連載コラムなどを載せているサンデー版。
中でも「大図解」は写真やイラストを多用したカラー2ページの特集です。

「絵は全然、描けません・・・」。
配属時、絶望的な気持ちで先輩に打ち明けました。
ビジュアル紙面である大図解が絵心のない私に勤まるのか―。
しかし、やっていくうちに当初の心配は和らいでいきました。
なぜならイラストの担当は、超優秀な(!)デザイナーさん。
ほかにも校閲部、画像部、整理部、報道システム部など
多くの人の力が集まって大図解はできあがるのです。

担当する大図解は、だいたい月1度のペースで回ってきます。
たとえば、今は1月29日。
私の脳内は2月16日付の「ベートーベン 生誕250年」が60%
3月22日付の取材や紙面構成、写真集めなどが40%ほどの割合です。
これが掲載日の接近に伴い、むしろベートーベンへの熱情が少しずつ頭から遠のく運命にあります。

ところがその割合が一気に逆転する日があります。
クロスワードパズル(懸賞)の応募ハガキを確認する日です。
東京本社に届く約3000通には、大図解へのご感想も多く寄せられます。
時に落ち込みながらも、大半は温かいお言葉に励まされる、うれしくて楽しみな時間です。
(ちなみに抽選は複数人で厳正に行っています。ご心配なく!)
※執筆記者の所属は2020年1月29日時点のものです。

バックナンバー

上へ戻る