東京新聞ほっとWeb HOME > 加藤千恵の東京23話
  • 次頁
  • 前頁
スマ用表紙

東京の街を舞台に、複数の男女が織りなす珠玉のラブストーリー
古き良き江戸の文化が息づきながら、時代の最先端を走る街。
経済・政治・文化の中心地として、様々なドラマを紡ぎ続けているセントラルゾーン・東京。
「東京23話」第四弾は、23区にまつわるラブストーリーを、
歌人で作家の加藤千恵さんが描きおろします。

新刊のお知らせ

「加藤千恵の東京23話」が
幻冬舎文庫「この街でわたしたちは」として、書籍化!

東京新聞ほっとWebで2019年2月まで2年間連載された、加藤千恵さんの「東京23話」が幻冬舎から発売になりました。王子、表参道、三ノ輪、品川、荻窪、新宿、浅草―。東京を舞台に4組のカップルがテーブル越しに繰り広げる出会いと別れ、その先を描いた珠玉の恋愛短編集。読み切り官能短篇も収録。
お買い求めはこちらから >

PROFILE

加藤千恵歌人・小説家
1983年、北海道生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。短歌集『ハッピーアイスクリーム』で高校生歌人としてデビューした後、2009年『ハニー ビター ハニー』で小説家としてもデビュー。以降、小説、詩、エッセイなど様々な分野で活躍。近刊に『私に似ていない彼女』などがある。
♦加藤千恵公式サイト
http://katochie.net

♦Twitter
https://twitter.com/katochie1110
上へ戻る